9月になってもまだまだ紫外線が強く降り注いでいますね。

曇りの日でも、冬でも、季節や天気によっても量は変わりますが、実は紫外線は1年中降り注いでいるので、紫外線対策は暑い夏だけではダメだって知っていましたか?

 

紫外線対策先進国のオーストラリア発、オーガニックサンスクリーンの紹介です。

100%天然由来成分だけでできた、正真正銘オーガニックのノンケミカルな日焼け止めです。

 

ソレオオーガニクスオールナチュラルサンスクリーン

DSCN9570

>>>【soleo ソレオ オーガニックス】

40g 2200円
80g 3500円(写真のサイズ)
80g2本 7000円・送料無料
80g3本 10500円・送料無料
150g 5500円

 

 

紫外線には、UV-AとUV-BとUV-Cという波長の長さによって、3種類に分けられます。

about_picture_1

そのうち、オゾン層を通過して地表に届くもの(UV-A・UV-B)、と届かないもの(UV-C)があるので、必要な紫外線対策はUV-AとUV-Bのみとなります。

●UV-A

波長が長く、雲や窓ガラスなどを通って皮膚の深いところまで到達します。日常生活で知らず知らずのうちに浴びてしまいがちな紫外線です。

シワ・たるみ・老化の原因となります。

●UV-B

UV-Aよりも波長が短いので、皮膚の深いところまで到達しないが、UV-Bを浴びた直後から肌を急激に赤くし、炎症を引き起こす紫外線です。

しみ・そばかす・乾燥の原因となります。

 

日焼け止め選びで、なんとなく数値が高いものを選んでたりしていて、その数値がどれだけの効果があるのか、実は分かっていないなんて人も多いんじゃないかと思います。

日焼け止めの表記には、SPFPAが記されています。

 

 

●SPFとは、

サンプロテクションファクターの略で、紫外線防御指数ともいいます。
UV-B波の防止効果を表す数値で、紫外線を浴びた際にできる皮膚の赤い斑点ができるまでの時間を何倍に遅くできるかを表します。

SPF30は、赤い斑点が現れるまで10分ほどかかる人の場合、

10分×30=300分。約5時間程度の日焼け止め効果が期待できるということになります。

日本での最大表記は、「SPF50+」で、ソレオオーガニクス原産国のオーストラリアでは「SPF30+」が最大値と定められています。

ソレオオーガニクスオールナチュラルサンスクリーンは、最大表記の「SPF30+」です。

 

●PAとは、

プロテクショングレイドオブUVAの略で、UV-A防御指数ともいいます。UV-A波の防止効果を表すもので、皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。

日本化粧品工業で効果により、3段階に分けられています。

PA+  : PFA2以上4未満・UV-A防御効果がある。
PA++ : PFA4以上8未満・UV-A防御効果がかなりある。
PA+++: PFA8以上・UV-A防御効果が非常にある。

 

日焼け止めの数値が高ければ、それだけUV-A波・UV-B波を防御する効果が高いのですが、皮膚への負担も多く、肌荒れやアレルギーなどの副作用がでることもあります。

 

実は怖い日焼け止め?

日焼け止め選びの基準をSPFやPAの数値の高さだけにしていると、日焼けを防止するどころか、肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

日焼け止めの主な副作用として、

●皮膚呼吸ができない。
●化学物質によって甲状腺の機能を低下させる恐れがある。
●発がん性の可能性がある。
●アレルギー反応を起こす場合がある。

ただ強い日焼け止めは、肌荒れや乾燥の原因になるだけでなく、深刻な副作用を招く場合もあるので、成分には注意が必要です。

 

日焼け止めを選ぶ基準として、

◎紫外線吸収剤を使用していない
◎合成防腐剤、着色料、香料など不使用
◎酸化チタン(紫外線散乱剤・反射剤)を使用していない

 

酸化亜鉛(紫外線散乱剤)について・・・

ソレオオーガニクスオールナチュラルサンスクリーンでは、紫外線反射剤としてミネラル(酸化亜鉛)を使用しています。

紫外線散乱剤の酸化チタンには、発がん性物質が含まれていますが、酸化亜鉛も「ナノ粒子化」したものは、発がん性の可能性が疑われます。

ソレオオーガニクスでは、独自の技術で「ナノ粒子」より大きい「マイクロファイン粒子」まで細かくしているので、皮膚の奥まで入り込み、発ガンする可能性はないので、安全です。

 

ソレオオーガニクスオールナチュラルサンスクリーンを使ってみました。

DSCN9571

100%天然由来成分のオーガニック・ナチュラル成分だけを使用した日焼け止めです。

植物由来成分が配合されているので、よく揉んだり振ったりしてから使用します。

蓋に注意書きのシールも貼ってあります。

DSCN9572

 

DSCN9573

クリーム状の日焼け止めで、香りは天然の植物のような香りです。合成香料も使用していません。

 

DSCN9574

DSCN9575

伸ばし始めは、白くなりますが、肌に馴染ませると白浮きせず透明感のある付け心地です。

オーガニック系の日焼け止めにありがちな、重い使用感もありません。

ベタつかないし、肌もサラリとして不快感ゼロです。

 

環境に有害な物質が一切入っていないので、キレイな海やサンゴに害を与えることなく、海などマリンスポーツを楽しめます。

汗や水にも強いウォータープルーフなので、高い紫外線防止効果で肌を守ります。

DSCN9577

【全成分】

ブドウ種子油、酸化亜鉛、ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、キャンデリラロウ、ミツロウ、野菜油、マカデミアナッツ油、テオブロマグランジフロルム種子脂、レシチン、サフラワー油、ローマカミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、酢酸トコフェロール、チャ葉エキス

 

オーガニック・ナチュラル成分だけを使用した日焼け止めなので、敏感肌や子供(6ヶ月以上)にもオススメです。

これから秋の運動会シーズンに、子供の肌を強い紫外線から守るのに最適です。

 

こちら >>>オーガニックの日焼け止め【soleo ソレオ オーガニックス】