ものすごーく立派で濃くてモシャモシャの私の眉毛。

10代の頃は、細い眉毛が流行ったので、太い眉毛を毛抜きでひたすら抜いては細くしていた結果・・・

抜いたところが生えてこなくなっちゃって、変なアーチ眉毛になっちゃってます

 

抜けちゃって生えてこない部分には、眉毛の育毛剤をせっせと付けて育毛中なんですが、

これ使ってます↓↓↓


※まつ毛美容液ですが、眉毛のケアもできるんです♪

 

濃くて黒い眉毛をどうにか垢抜けたふんわり色にできないかと悩んでいます。

 

 

眉毛の脱色!安全な脱色方法

髪の色が明るいのに、眉毛だけ真っ黒だとおかしいですよね。

ただでさえ黒くて濃い眉毛なのに、ちょっと濃く書きすぎちゃうと、子供に「お母さんイモトみたい」って言われます。泣

 

流行のふんわり茶色くて薄い眉毛に憧れるんですが、眉毛も脱色してる人って結構いるみたいですね。

眉毛脱色の様子を動画でアップしている人がいて気になったのが

ジョレンジャパン ジョレンクリームブリーチ

 

眉毛の脱色で調べると、必ず出てくる脱色剤なので、てっきり眉毛専用の脱色剤なのかと思ったら、

本来は眉毛の使用は推奨していないようなのですが、多くの人が眉毛の脱色に使っていて、

●目にしみない
●垂れにくい
●しっかり染まる
●肌が荒れない

と、デリケートな目元部分に使用しても肌への影響が少なかったという口コミを多く見かけます。

※本来は眉毛専用ではないので、使用はパッチテストをして自己判断でお願いします。

 

他に眉毛脱毛で多く使われているのが、

エピラット

 

バレリーナのパッケージで、ドラッグストアやスーパーなどでもよく見かける脱色剤ですね。

こちらも、本来は眉毛や顔に使用してはいけないものです。

エピラットで眉毛脱色した人は、

●ピリピリする
●早く脱色できる
●どこでもすぐに買える
●肌が赤くなった

眉毛の脱色はできるようですが、肌への影響が強く怖いです。

それでも簡単にできるということで、多くの人が脱色に使っているようですが、やはりオススメできません。

 

少数派には、オキシドールというのもありましたが、危険です。

肌を保護する成分が全く入っていないので、原液を目元の近い眉毛脱色に使うのは絶対にやめたほうがいいです。

目に入って失明でもしたら大変です。。

 

調べても、眉毛専用の脱色剤というのは市販されていないようなので、自分で安全に眉毛を脱色する方法はないですね。

どうしても眉毛脱色したい人は、眉毛専用サロンに行くのが安全です。

 

 

眉毛を手軽に茶色くする方法

眉毛を脱色するのが無理なら、眉毛のマスカラが手軽でオススメです。

私も使っていますが、色々なメーカーから色も豊富で購入できます。

オススメは、髪の毛の色よりも少し明るめにするといいそうです。

 

密度の濃い眉毛を薄くすることはできないですが、真っ黒眉毛が茶色になります。

ウォータープルーフなどもあるので、一日中眉毛が消えることなく茶眉でいられます。

眉毛の脱色と違って安全なので、オススメです。

 

眉毛を描くのはあまり上手ではないし、描き方も古い(おばさん?)なので、流行りのふんわり眉毛の描き方を日々勉強中です。