最近、花粉が顔に付くせいか、肌がガサガサゴワゴワ。

鼻水をよくかむので、鼻の周りはカサカサ。

花粉の時期って、肌が荒れやすく敏感になっています。

水分が足りてないのか、頬の毛穴もなんだか目立つし、たるみも気になる・・・。

 

そこで、最近私がしている手軽な「マスクでパック」を紹介します。



 

お手軽マスクでパック:用意するもの

まず、必要なものは

・マスク(鼻まで覆う大きめのもの)
・保湿クリーム(いつもので大丈夫)

 


・精油やアロマスプレー(なくても大丈夫)

 

(参考)
保湿クリーム:coyori濃密美容クリーム
精油:生活の木(ラベンダー、カモミール、ティーツリー)
アロマスプレー:ハイパープランツナチュラルハーブスプレーレスピレーション

 

お手軽マスクでパック:やり方

特にいつじゃないといけない!っていうのはないのですが、

私はお風呂上がりのスキンケアの後か、就寝前1時間ぐらいに行います。

昼間、家にいるときでもいつでも気軽にできるので、リラックスできる時間にやるのがオススメです。

 

やり方は、本当に簡単です。

いつものスキンケアの最後に保湿クリームをたっぷり目に頬から下に塗ります。

その後、マスクをして自分の呼吸でスチームするだけ!

マスクをすることで、マスクの中はスチーム状態。

保湿効果がアップして、お肌がぷるぷるになります。

 

マスクの外側に、アロマスプレーをしたり精油を垂らすと、アロマ効果で癒しにもなります。

 

お風呂上がりから寝るまでの時間を使うのが一番オススメです。

リラックスと保湿を一度に行えます♪

 

 

お手軽マスクでパック:注意点

手軽にいつでも出来るマスクでパックですが、注意点もあります。

●マスクは新しい物を使う

使い回したマスクは雑菌やウイルスが付いている可能性があるので、必ず新しいマスクで行ってください。

●就寝時には行わない

寝ている間にパック効果!と思って、就寝時にやったこともあるのですが、オススメできません。

就寝時にマスクを付けると、寝返りを繰り返すので布団とお肌とマスクが擦れて、肌によくありません。

就寝時にマスクを付けると、ヨダレもマスクの中に溜まって雑菌が増える原因になるのでよくありません。

就寝時にマスクを付けると、呼吸が苦しくなったり、睡眠の妨げになったりする場合もあるのでオススメできません。

就寝時にマスクを付けると、翌朝くっきりとマスクの跡が付いてしまう場合もあります。

起きている時間でやりましょう。

●ニキビがある時は気をつける

ニキビが肌にあるときには、保湿しすぎると逆効果な時もあるので、控えた方がいいです。

 

市販のマスクシートなどでパックするのもいいですが、毎日気軽にお金をかけないで出来る「マスクでパック」意外と効果がありますよ♪