だんだんと蒸し暑い季節になってきましたね。

2017年の今年は「猛暑」予測なんだそうです。

暑いの嫌い・・・。

 

30代後半にもなると、暑さにも弱いし、エアコンの冷えすぎにも弱い。

外にいても、家の中にいても、体調を崩してしまう夏が私は大嫌いです。

 

暑くなると、また大変なのが「化粧」です。

しっかりとメイクしても、暑さで汗をかいてドロドロの酷い顔になってしまいます。

 

ギラギラと暑い夏が来る前に、今年もやってみました「お粉おばけ法」

今回は、いつも愛用の神ファンデでやったらどうなるだろう?と、マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールでやってみました

 

 

お粉おばけ法のやり方 おさらい

<使うもの>

1.リキッドファンデーション
2.フェイスパウダー
3.スプレー容器と水
4.ティッシュ2~3枚

 

<お粉お化け法 やり方>

1.リキッドファンデーションをいつもより多めに丁寧に塗る。

※最初は3倍厚塗りしていましたが、いつもよりきもち多めで大丈夫な気がします。厚塗り過ぎるとほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。
※目元と口元はシワになりやすいので薄めにすると綺麗に仕上がります。

2.粉タイプのフェイスパウダーを顔が白くなるほど付ける。

※小鼻の際なども忘れずに付けます。

3.顔全体がビショビショになるほど、スプレーで水を吹きかけます。

4.ティッシュで抑えて水分を拭き取ります。

※擦らず、ティッシュで優しく抑えます。

 

これでもかってほど、粉を付けて顔が真っ白なおかめになるので、お粉おばけというネーミングなんだそう。

 

 

神ファンデでお粉オバケをやってみました

お粉おばけには、カバー力が高いファンデーションの方が向いているという口コミがありましたが、薄付き自然な仕上がりのマキアレイベルの薬用クリアエステヴェールでもできるのか?やってみました。

 

>>>まさに神ファンデ!美容液ファンデーション♪

●マキアレイベル薬用クリアエステヴェールファンデーション
●マキアレイベル薬用プレストパウダー

 

 

いつもは米粒ちょいぐらいの量を顔全体に伸ばすのですが、小豆ぐらいのちょっと多めの量を顔全体にぬりぬり・・・。

目元と口元は、シワやほうれい線が目立ちやすくなるので薄めに。

 

フェイスパウダーは、粉状の方が真っ白にパフパフやりやすいのですが、薬用プレストパウダーでも何度か重ね塗りすると白く、おかめのように出来ました

 

スプレーの水をかけて、ティッシュでオフ。

さて仕上がりは・・・

 

サラサラして、密着~

陶器肌~

大成功です

 

厚塗り感がまったくないです。

すっごく肌が陶器のように綺麗に見えるし、普通に塗るよりもカバー力が高くなってます。

 

夕方までまったく崩れなし。

やった日は曇りで気温もそれほど高くなかったので、汗をかくこともなかったんですけどね。

しかも、今回は翌日になってもニキビができなかったです。

 

真夏は神ファンデのお粉おばけのお世話になりそうです

 

 

お粉お化けの注意点。向いていない人は要注意

●乾燥肌には向いてない
●乾燥する季節には向いてない
●ファンデーションやパウダーによってはうまくいかない
●うまくスプレーで全体にしないと逆によれる
●目元は薄く塗った方がいい

 

向いてない場合もありますが、汗や皮脂でメイクがすぐに崩れちゃう人は、一度試してみてください