顔にクッキリと刻まれた、ほうれい線や眉間のシワ。

ブルドッグのように垂れ下がった頬。

目元の細かいちりめんジワ。

 

30代40代の女性(男性も?)なら、誰もが悩む「老け顔」

いつの間にか、笑うと消えなくなってしまった、ほうれい線。気が付くと笑わなくても、深く刻まれています

 

30代後半の私も、最近までは「シワ・ほうれい線」はそんなに気になるものではありませんでした。

太り気味のせいか?頬の肉もパンパンでたるみなんて気にならなかったのですが、ふと気が付いたらいつの間にか、頬がたるみ、ほうれい線がくっきりと目立つように

ピンとしていた糸が切れたように、お肌のハリがなくなってきました

 

なんとか、ほうれい線を消す方法はないかと探していると、効果的な美容液を見つけました。

 

>>モイスチュアコンセントレイトドロップ【GOOD SKIN TOMORROW】

DSCN9186

GST MCドロップ

10日間集中お試しケア 1,000円(送料無料)

 

使ってみて、すごく使い心地のよさを実感してます。使い続けたら、肌がモチモチしてきました。

 

翌朝の肌がモッチリ

 

DSCN9195

ベタつく美容液は好きじゃないんですが、このモイスチュアコンセントレイトドロップは、すぅーっと肌に馴染んでベタつかない

濃厚なんだけど、伸びもいいし、とにかく肌にすぐ浸透する感じがすごくいいです。

ベタつかないから、朝に使ってもメイクに全然影響しません。

むしろ肌が潤ってハリがある感じだから、メイクのノリもいい

 

適量を顔全体に伸ばしてと使用方法にありますが、6プッシュぐらい使ってます。

ケチケチ使うより、しっかりと使った方が効果も実感できるし。

 

美容液って、なんか年を取ったら使った方がいいもので若い人はまだ必要ないってイメージだったんですけど、そもそも美容液ってなに?って思って調べてみると、

“美容液(びようえき)とは基礎化粧品の一つ。 保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されている。 通常、美容成分の肌への吸収性を高めるため、化粧水等で肌を整えた後に、油分を含む基礎化粧品を使用する前に肌に塗布することが多い。” (Wikipediaより引用)

 

美容成分が濃縮された化粧品で、肌に必要な栄養素を補給するために使うものなので、老化が気になったら使う人が多いかもしれないんですが、実は予防で使った方が効果的なんだって知ってました?

 

30代や40代になってからエイジングケア目的で美容液を使うより、20代から予防目的で美容液を取り入れた方が、より効果的に実感できるんだそうです。

だからといって、もう40代だから使っても遅い・・・というわけではないので40歳からを諦めないで美容液で集中ケアしていきましょう

 

独自開発の抗シワナノカプセルが肌内部でエイジングケア成分を放出して狙い撃ちするので、ほうれい線や目元のシワ、口元のたるみに直接働いてハリを生んでくれます。

2週間のモニター実験でも、「乾燥による小じわを目立たなくする効果」が実証されていて、使った人の93%が効果を実感しています。

その他にも、

●シワがなくなった
●あごのたるみがなくなった
●肌がワントーン明るくなった
●眉間のシワが目立たなくなった

など、高い評価が口コミされていて人気です。

 

まずは、10日間の集中ケアで肌のたるみをケアしましょう

>>モイスチュアコンセントレイトドロップ