プラセンタといったら、シワやお肌のハリなどに悩む人の美容目的というイメージでしたが、実は更年期障害や生理痛など、多くの女性が抱える問題にも効果が期待できます。

医療機関での治療にも用いられてるプラセンタですが、今回はプラセンタのドリンクを試してみました。

 

試したのは、こちら

DSCN9140

エテルノ濃縮プラセンタ35000

>>>エテルノ 濃縮プラセンタ

 

プラセンタには主に、

「注射」 「ドリンク」 「サプリメント」

がありますね。

 

それぞれに、メリット・デメリットがあります。

 

プラセンタ注射のメリット・デメリット

治療薬としても国から認可されているプラセンタ注射ですが、きちんとした医療期間で受けないとトラブルを起こす原因になりかねません。

重篤な副作用はないとされていますが、悪寒・発熱・発赤などの症状がみられたり、アレルギー反応を起こす場合があります。

また、注射は皮下注射か筋肉注射が望ましく、静脈注射やカクテル注射(点滴も含む)は、副作用や安全性の面でおすすめできません。

 

即効性や効果が認められる、プラセンタ注射ですが、説明が不十分な医療期間や美容クリニックなどで受ける場合には注意が必要です。

 

【メリット】
●即効性があり、効果を感じやすい

【デメリット】
●ヒト由来の胎盤エキスなので、思わぬ病原菌がある場合がある
●副作用が起きる場合がある
●献血ができなくなる
●通院しなければならない

 

プラセンタドリンクのメリット・デメリット

ドリンクタイプの場合、個人差にもよりますが早ければ翌日に効果を実感する場合もあるので、わりと即効性があるといえます。

プラセンタ以外にもお肌に良い成分がプラスされている商品も多いので、飲み続けることでお肌が調子いい状態を保つことができます。

ただし、そんなに安いものではないので、毎日飲み続けるにはコスパがあまりよくないというのが難点です。

 

【メリット】
●翌朝には実感できる即効性がある
●気軽に始められる

【デメリット】
●飲み続けるにはコスパがよくない
●商品によってはカロリーが気になる

 

プラセンタサプリメントのメリット・デメリット

ドリンク同様、気軽に始められるのがサプリメントです。

ただし、注射やドリンクほど即効性はないので、数ヶ月飲み続けることが必要になります。

コストの面では、注射・ドリンク・サプリの中では一番安く済みます。

 

【メリット】
●コストパフォーマンスがよい
●気軽に始められる

【デメリット】
●効果が実感できるまで時間がかかる(数ヶ月)
●粗悪品も多い

 

エテルノ濃縮プラセンタ35000を飲んでみました

プラセンタのメリット・デメリットを比較して、即効性があって副作用が少ないドリンクを試してみました。

 

飲んでみたのは、エテルノ濃縮プラセンタ35000

DSCN9145

1本330円~475円ほどです。

※単品購入、定期購入によって単価が変わります。

 

プラセンタドリンクの中では安いほうだと思います。高いものでは、1本1万円とかもありますからね

 

豚由来のプラセンタエキスを発酵・熟成させてるので、必須アミノ酸やビタミン・ミネラルが増加そこに、ツバメの巣エキスやヒアルロンなど、美容成分をプラスした1本になっています。

 

驚くのが、ドリンクの70%がプラセンタでできていること。粗悪な商品の場合だと、プラセンタがほとんど含まれていない場合もありますが、35000mgも配合しているので、実感力が違います

 

味は、飲みやすいピーチ味。プラセンタの独特な臭いも味も全くしません。

プラセンタドリンクは、飲みやすくするために甘くしているものが多いので、カロリーも気になるところですが、1本42.5kcalとローカロリーなので気にせず飲めます。

 

ホルモンや精神のバランスを整える作用も期待できるプラセンタは、美肌効果だけじゃなく、更年期障害・自律神経失調症・不眠症・気分の不安定などの健康への効果も期待できます。

不妊症や生理痛、アトピーの改善への効果があったとの口コミも目にします。

ちょっと疲れたな・・・って日には、プラセンタドリンク飲んで疲労回復なんて飲み方もおすすめですよ

 

>>>コレ1本でお肌も気分もツヤツヤ♪