資生堂のエリクシールシュペリエル

WEB限定のトライアルセットを試してみました。

 

DSCN9199

エリクシール シュペリエル

先端のエイジングケア1週間体感セット
⇒1,080円(税込) 送料無料

●化粧水
●乳液
●美容乳液(日中用)

 

【さっぱりタイプ】【しっとりタイプ】の2種類から選べます。

 

エリクシールシュペリエル【しっとりタイプ】を試してみました

DSCN9198

先端のエイジングケア

角質のすみずみまで潤いで満たし、湧き上がるようなハリと透明感あふれる肌へと導いてくれます。

 

リフトモイストローション(化粧水)30ml

DSCN9200

DSCN9204

こっくりとろみのある化粧水です。

リラックス感のある心地よい、アクアフローラル香り。私にはちょっとキツイと感じるかな?香りはもう少し控えめな方が個人的には好きです。

20代の頃は好きな香りだったから、年齢によっても好みが分かれるかも。

香水のような香りが好みの人にはいいと思います。

 

使い心地は、手のひらでつけたのですが、肌の表面でヌルヌルする感じではなく、すーっと入っていく感じです。

付けた後の肌は、しっとりと潤います。

私は少量を3回に分けて重ねづけしました。次の朝もしっとりでした

 

エリクシール シュペリエルのトライアルセットを購入すると、コットンが付いてきます。

使用方法にも「コットン」に取り、とあるので手のひらでつけるよりも、コットン推奨です。

 

化粧水って、コットンで付けるのがいいのか?手のひらで付けるのがいいのか?どちらか迷いませんか?

どちらかというと、私は手のひらで付ける派なんですが、昔はコットンで付けてそのままコットンパックしていました。

どちらがいいのかというと、化粧水によるようなんです。

 

拭き取り用の化粧水の場合は、古い角質を拭き取るのが目的なので、必ずコットンを使用すべきです。

保湿用の化粧水の場合は、メリット&デメリットがそれぞれにあって、どちらがいいとは結論は出せません。

 

手で化粧水を付ける方が浸透しやすいと言われますが、コットンの方がムラなく付けられますし、清潔です。

ただ、コットン自体が刺激になったり、擦りすぎて、肌トラブルが起きてしまう場合もあります。

エリクシールシュペリエルは、拭き取り化粧水ではないので、正しい使い方をすれば、手で付けてもコットンで付けても、どちらでも大丈夫だと思います。

トライアルセットにコットンが付いてくるので、使用感をどちらも試してみるのもいいですね。

 

リフトモイストエマルジョン(乳液)18ml

DSCN9201

DSCN9206

使用方法に、「化粧水の後、コットンに・・・」とありますが、私は乳液はコットンでするのは好きではないので、手で馴染ませました。

化粧水ほどは香りがなく、好きな匂いです

しっとりタイプだと油分が多すぎてベタつく乳液もありますが、しっとりするけど付けた後はサラサラです。ベタつかないところがいいですね。

化粧水と乳液を付けた後の肌の感触がいいです。触った感じが柔らかくて、しっとり。スリスリしたくなる肌になります

 

デーケアレボリューション(日中用美容乳液)5ml

DSCN9202

DSCN9205

SPF30 PA++++

日中用の乳液です。夜には使用しません。

リフトモイストエマルジョンと比べると、日焼け止めの成分が入っているからか、付けた感じが少し重たく感じます。なんとなくですが。

私は、個人的には昼間でも、リフトモイストローション→リフトモイストエマルジョンで保湿して、日焼け止めを塗る方が好きですね。

化粧水と乳液だけで日焼け止めの効果もあるので、簡単に済ませたい人は2ステップでメイクができるのでいいですね。

 

使い勝手や使い心地には、感じ方や好みがあるので、トライアルセットで試すのをおすすめします。

 

新エリクシール
湧き上がるようなハリ・美白 新エリクシールの1週間体感セット。